砥石:おすすめの周回場所、ドロップ率、理性効率、所要時間とついでに狙える素材の比較

理性効率で選ぶなら3-3です。ドロップ率も高めで、周回時間も短くて済む。

砥石

おすすめの周回場所と特徴を比較

ドロップ結果 砥石

3-3、ドロップ率32.3%、理性期待値46.6
4-8もしくは5-7、どちらもドロップ率34%、理性期待値60ぐらい

3-3はついでに狙える素材がイマイチですが、できるだけ少ない理性で集めたい、という方におすすめ。

二つ落ちることも これは嬉しい 幸運な例

4-8は砥石、中級エステル中級アケトンRMA70-12と中級素材も狙えるうえに、低確率ながら上級砥石もドロップします。

上級もドロップ

ドロップ率は4.5%と高くはありませんが、ついでに狙えるのは嬉しいですね。

ロマンを求める方にピッタリ。

5-7は初級異鉄が中確率で狙える!…という微妙な副産物具合。

とにかく理性を節約って場合は3-3、上級砥石がたまーに落ちて嬉しい感じを狙う人は4-8で決まり。

一周にかかる時間

こんな結果もある

行動開始から、作戦成果の画面が表示されるまでの時間をはかってみました。

3-3…1分47秒でした。
4-8…1分40秒でした。敵ユニットが30体しか登場しないので、周回が速いですね。
5-7…2分でした。敵の数が多いので一番時間かかります。

効率の良いイベント

砥石100個

ウォルモンドの薄暮 TW-8「月光の零落」は砥石のドロップ率が57.48%と非常に高い!

理性効率的にも最高峰なので、僕はイベント期間中に100個以上ストックしておきました。

必要数の目安

星6はナイチンゲール、マゼランが12個、シャイニングが11個と多め。

星5はプラマニクスが18個と突出して多く、次いでスカイフレア、ブローカの13個。

砥石の使い道

とりあえず特化1

昇進素材、スキルランク上げ、スキル特化のいずれでも要求されます。

一般資格証での交換はアリか?

砥石 一般資格証

交換レートは40とちょい高めですね。

下位素材から加工で作れないので、ありっちゃあり。

でもドロップ率や副産物もそんなマズくはないので、僕はあんまり交換してないッス。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




※名前、メールアドレス、サイトは空欄でもOK!