ストーリーまとめ 第ニ章「相思相殺」2-6「手すりを握る」のあらすじ、感想

龍門スラム街の屋上を飛び移って進むアーミヤたちの前に、レユニオンが立ちふさがる。追手を撃破したロドスは、ミーシャの護送任務を成し遂げるが、彼女の体調が急変する。

あらすじ

豪快な作戦説明

テキサスが誘導した先は、屋上だった
他のビルに飛び移りながら進むロドスの前に、レユニオンが現れる
彼らもまた、屋上を移動していた
ペンギン急便のふたりと共に撃退するロドス
ミーシャの体調が急変し、そのまま倒れてしまう

補足情報

ミーシャは龍門に来て一週間しか経っていない
レユニオン構成員もビルを飛び移れる

感想

さらっと隣のビルに飛び移れというエクシア。

楽観的な性格が出てますが、結果的にはよい方向へ向かいました。

レユニオンたちも飛び移れるのが意外でしたが。

背負っているジェットパックは、造りはイマイチなものの、しっかり実用できるとのこと。

背面の画像がないのでわからないですが、短距離なら飛べるみたいッスね、レユニオン構成員。

次回:2-7「衛生管理」

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




※名前、メールアドレス、サイトは空欄でもOK!